[WordPress]管理画面のカスタマイズ

管理画面の項目で使わないものを非表示にしたり、ログイン画面のロゴを変更することができます。クライアントに納品する際などは、管理画面から余計なものを取り除き、見やすくしてあげることが必要です。

[WordPress]管理画面のカスタマイズ

管理画面の要素を非表示にする方法

それぞれfunctions.phpにコードを記載するだけです。非表示にしているだけなので、非表示にしたくない要素は、コメントアウトするか削除すればすぐに表示されます。

管理バーの項目を非表示にする

管理バーとは、管理画面の一番上に表示されている、サイトタイトルなどがあるヘッダー部分のことです。

サイドメニューの項目を非表示にする

「administrator」のところを変更することで、権限グループで出し分けることができます。

■権限グループ
管理者(Administrator)…WordPressの全権限がある
編集者(editor)…コメントなどコンテンツの全権限がある
登録者(author)…記事の編集・公開の権限がある
寄稿者(contributor)…記事の下書き・編集の権限がある
購読者(subscriber)…閲覧の権限のみ持つ

ダッシュボードのウィジェットを非表示にする

フッターのWordPressのご利用ありがとうございます。」を非表示にする

ダッシュボードのアクティビティに投稿(post)以外の情報を表示

管理画面のダッシュボードにあるアクティビティウィジェットでは、公開間近の投稿(post)や最近公開された投稿(post)、投稿(post)への最近のコメントが表示されます。固定ページやカスタム投稿の記事も表示させたい場合はfunctions.phpに次のコードを追記します。

「post_type」に表示させたいポストタイプ名(post/pase/カスタム投稿タイプ名)を入力し、「posts_per_page」で表示件数を設定してください。

WordPressログイン画面に任意のロゴを表示

WordPressログイン画面には、デフォルトでWordPressロゴが表示されています。これを任意のロゴなどに変更するには、functions.phpで次のように設定します。

style要素の中で、画像URLなどロゴ部分のCSSを設定してください。get_bloginfo( ‘url’ )や’任意の名称’を変更することでロゴのリンク先やリンクのtitle属性値を変更できます。この2つはデフォルトだとWordPressへのリンクや名称となります。